デイサービスの送迎ドライバーのしごと[仕事も趣味も元気いっぱい] 170810

2017.08.10

豊中グリーンヒル

「送迎ドライバー」

Sさん(73才)

 


〇 送迎車の前で。安全第一を心がけています


 

平成29年6月、デイサービスの送迎ドライバーをされているSさんを、勤務先の豊中グリーンヒルで取材しました。さっそく、いろいろお聞きしました。

 

―Sさんは、何年のお生まれですか?

「昭和18年8月生まれで、今73歳です。」

―豊中グリーンヒルには、いつからお務めですか?

「5年ほど前からです。」

―どんなお仕事をされていますか?

「豊中グリーンヒルのデイサービスを利用される方の、送り迎えです。」

―どんなところに気配りをされていますか?

「送迎車を利用される方は、体の不自由な方がほとんどです。まず安全第一で、事故がないよう心がけています。」

 

―仕事のシフトは、どうなっていますか?

「グリーンヒルには3台の送迎車があり、6名のシニアの運転手がいます。

私は週のうち、火曜・木曜・土曜、午前8時30分から10時30分まで、午後15時30分から17時30分まで、利用者さんの送り迎えをしています。」

 

 

ここからは、Sさんのプライベートについて紹介します。

Sさんは、岡山県高梁市の出身です。故郷に恩返しをしたいと思い、高梁市の観光大使・高梁IST(たかはしすと)をされています。

趣味も豊富で、豊中市シルバー人材センターの、「ボーリング同好会」「パソコン同好会」「ハイキング同好会」「カラオケ同好会」で大活躍中です。

 

〇 上段左:ボーリング大会で優勝! 上段右:パソコン同好会で活動中

下段左:ハイキング同好会の活動報告パネルの前で 下段右:熱唱中!


 

 

〇 Sさんの仕事場、豊中グリーンヒル


 

仕事先の豊中グリーンヒルの施設長、辻下勝巳施設長からもお話を聞きました。

 

「社会福祉法人昌壽会は緑丘の「豊中グリーンヒル」と、庄内穂積の「ほづみ」の2か所の特別養護老人ホームを運営しています。「ひとのやさしさと温かさを求めて」の気持ちで、地域・社会に貢献したいです。」

 

「要支援、要介護の高齢者の方が利用する施設ですが、今後、地域の方・シルバー世代の方も利用でき、笑顔と安心の出来る施設を目指しています。皆様の声を大切にし、地域の為に貢献できれば幸いです。」

 

 

豊中市グリーンヒルHP

 


取材:2017年6月 和仁古 洋

発行元:とよなか生涯現役サポートセンター “Sサポ”

TEL:06-6152-7662