コンビニの配達の仕事[思い切って未経験の仕事に挑戦] 170927

2017.09.27

セブン-イレブン 豊中北桜塚4丁目店

「コンビニの配達の仕事」

Fさん(65歳)

 


「広報とよなか7月号」でも紹介されたFさんは、とよなか生涯現役サポートセンター“Sサポ”主催の説明会参加がきっかけで未経験の仕事を始めた方です。

Fさんの仕事は、主に超小型電気自動車で弁当などをお届けするサービス。

 

 

〇 お弁当などを保冷ボックスに入れて、電気自動車でお宅に配達します。


 

「週に1,2回、1回に10軒ほどの配達を担当しています。配達先はお年寄り(100歳を超える人も!)や体の不自由な方。届けるとお礼を言われることも多く、人の役に立つ仕事をしているというやりがいを感じます。」

 

〇 仕事の“相棒”と一緒にお店の前で。楽しそうに働いているのが表情から伝わってきます。


 

長年勤めた食品会社を退職後しばらくは、家事や散歩などのんびりとした生活をすごしていたFさん。

「それだけではなく何かしたい・・・と思っていたときに、偶然見つけた“Sサポ”主催の『コンビニのおしごと説明会』へ参加しました。車を運転する仕事をしたいと思っていたので、弁当配達サービスに興味を引かれました。」

 

これをきっかけに、Fさんはまったく未経験のコンビニでの仕事に60台半ばから挑戦。

「コンビニで働き出して、若い人と接する機会が多くなりました。世代は違っても話しやすい雰囲気で、良い職場にめぐり合えたと思っています。」

Fさんの奥さんも今の仕事に就いたことを喜んでくれているそうです。

 

また、まったく違う仕事に就いても前職の経験が役に立っている面もあるそうです。前職の食品会社で衛生・品質管理に注意していた経験から、今の職場でも無意識に気を配っている、そんな行動がお店の方にも評価されています。

 

〇 店長さんとFさん。


 

Fさんの勤務先であるセブン-イレブン北桜塚4丁目店は新しく開店したお店で、若い人と一緒にFさんと同年代のシニアも活躍しています。店長さんによると、

「シニアの方は人当たりが柔らかく安心感があります。配達の時に『体調はいかがですか? 』などと一言添えたり、掃除などでも丁寧で誠実な仕事ぶりです。セブン-イレブンでは配達だけでなく、レジ接客、清掃、商品補充など様々なお仕事にチャレンジ頂けます。今後もシニアの方の人生経験をいかした活躍を期待して継続的に雇用していきたいです。」とのことでした。

 

 

「コンビニのおしごと説明会」の様子はこちら

 


取材:2017年5月 吉田 明子

発行元:とよなか生涯現役サポートセンター “Sサポ”

TEL:06-6152-7662