子育て支援の仕事・活動 説明会を開催しました 180510

2018.05.18

 

未経験業務チャレンジ講座

シニアのための 子育て支援の仕事・活動 説明会

平成30年5月10日(木)14:00~16:00、阪急豊中駅近くの”とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」”で開催しました。Sサポでの初めての企画「子育て支援の仕事・活動 説明会」には、多くのシニア(55歳以上)の方が申し込まれて、会場が満員になりました。

 

子育て支援のいろいろ

子育て支援と聞いて、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか?

今回は資格や経験が無くても大丈夫な仕事や活動を紹介しました。

 

仕事・活動説明は、豊中市役所、豊中市社会福祉協議会、豊中シルバー人材センターのご協力をいただきました。

 

まずは、豊中市内の小学校の放課後こどもクラブ(学童保育)の夏休み限定の指導員の仕事。

通常の時期でも人手不足ぎみの学童保育指導員ですが、夏休みは大幅に増員して対応するためさらに人材が欲しいそうです。

年齢制限はなく、子育て経験の豊富なシニアの方は大歓迎。本人の希望によっては夏休みが終わってからも仕事を継続する方法もあるそうです。

 

次にファミリーサポートセンターの援助会員の活動の紹介。

ファミリーサポートセンターの援助会員は、親御さん(依頼会員)の帰宅が遅いときなどに保育園のお迎えを代行したり、お子さんを自宅で預かったりする有償ボランティアです。

地域での助け合いでとても助かっているという事例の紹介などがありました。

 

また、豊中市保育士・保育所支援センターでは、保育士・幼稚園教諭の資格がある人はもちろん、資格のない人でもできる仕事を紹介してくれる機能があります。

豊中市が主催する「子育て支援員講座」の紹介もありました。

 

最後に、シルバー人材センターでも60歳以上の会員がいろいろなお仕事をしていますが、その中に、保育園でのお昼寝見守りなどの仕事もあるそうです。

 

面接予約も当日に!

 

説明会の終了後、放課後こどもクラブの面接予約も受け付けました。

たくさんの方が面接の予約をしておられました。

 

参加した方からは、「資格がなくてもできる仕事がある」「いろいろな種類の子育てに関われる仕事がある」という感想が聞かれ、こども好きなシニアの勢いが感じられました。

 

 

* “Sサポ”は、新しいお仕事への第一歩を後押ししていきます。

* お気軽に参加して下さい。