第1回 生活支援サービス従事者研修&仕事説明会を開催しました 190514

2019.05.21

第1回 生活支援サービス従事者研修&仕事説明会を開催しました

生活支援サービスをご存知ですか?

介護制度の変更で、介護度の低い高齢者に対する「生活支援」の介護サービスを国の介護保険から切り離し、市町村独自で行うことになりました(総合事業)。

 

生活支援とは、高齢者の自宅で、掃除・洗濯・買い物・料理などの家事を行うサービスです。身体に触れる(入浴・排泄など)仕事はいっさい行いません。

少しの手助けがあれば住み慣れた自宅で生活できる、そんな高齢者向けのサービスです。

 

ただ、この仕事を豊中市でするには、市が行う2日間の「生活支援サービス従事者研修」を受けなければいけません。

今回Sサポは、この「生活支援サービス従事者研修」修了者を対象に、介護サービス事業所の仕事説明会を行いました。

 

 

 

研修は5月13・14日に豊中市役所の会議室で行われ、2日目終了後に仕事説明会を行いました。

2日間の研修を受けた直後の皆さんは疲れて大変だったと思いますが、4社の担当者から「おしごとカフェ」形式で仕事の説明を聞きました。

どの会社も「生活支援」の仕事ですが、それぞれの会社が「よそと違っていいところ」を訴えていました。

たった2日間の勉強が仕事に直結することが、この研修の魅力です。

 

 

 

生活支援サービス従事者研修は 今年度6回開催

次回の研修&仕事説明会は6月25・26日にSサポのある「豊中しごとセンター」で行われます。

その後も、8月に千里公民館で、10月・12月・2月にも実施予定です。

 

詳しい情報は、当ホームページ、「広報とよなか」、図書館などの公共施設の設置チラシ、新聞折込チラシなどでご案内します。

 

 

* “Sサポ”は、新しいお仕事への第一歩を後押ししていきます。

* お気軽に参加して下さい。