ベルギーチョコの専門店[世界一のチョコレートに一目惚れ] 170501

2017.05.01

有限会社美純

Leonidas(レオニダス)

代表取締役 天野登さん(70代)

 


 

 

ベルギー王室ご用達の世界一のチョコレートブランド「Leonidas(レオニダス)」は豊中店を始め3店舗を北摂で展開しています。

 

「定年間際の57歳の時に脱サラをしました。60歳で定年退職したら、その後の人生が長いじゃないですか。セカンドライフを考えたときに、生きがいを感じてやっていきたいと思い決断しました。元気でいきいき仕事を続けたいと思ったのです」。

 

以前は大手の旅行会社で働いていたという天野さんは、商事関係の物販の仕事を経て、選んだのは出会った時の美味しさに衝撃を受けたというレオニダスのチョコレートを日本に広める事だった。

 

 

「世界中のいろんな商品を輸入していて、日本人が、食べたいけど、あんまり知らないのがチョコレートの分野だと思ったのです。知らないが故に、『有名な店だから』とブランド名で購入される方もいらっしゃいますよね。日本であまり知られていないけれど、本当に美味しいチョコレートを紹介したいと思いました」。

 

いろんな国のチョコレートを試して何か違うと感じて、行き着く先がベルギーのチョコレートだったそうです。

 

 

 

「レオニダスのチョコレートを食べて美味しかったとお客様に言っていただける事はもちろんの事ですが、特にお客様が、ご友人なり、他のどなたかに『お持たせ』で差し上げたその先で、『どこで売ってるの?こんな美味しいチョコレート、初めて食べたわ』って言われましたと、おっしゃっていただける事があって、その時は一番幸せを感じる瞬間ですね」。

 

「私がこのチョコレートに出会えた時、『なんて美味しいモノが世界にはあるんだ!』と、えらく感動しまして、この美味しい物に出会えた時の幸せな感じをこれからも皆様に伝えて行ければ幸せだと思っています」。

 

レオニダス豊中店についてはこちら


取材:2017年3月 Y.S.

発行元:とよなか生涯現役サポートセンター “Sサポ”

TEL:06-6152-7662