地域高齢者交流カフェ[地域の高齢者に開かれた居場所を] 170515

2017.05.15

株式会社パピルス
「パピルスカフェ」
MさんとIさん(共に70代)

 


 

 

服部天神西にあるこちらの「地域高齢者交流カフェ」は、ヨーロッパにでもありそうなオシャレな雰囲気の外観。明るい笑顔でお迎えしてくれたMさんとIさんは、共に元看護師さん。病院を退職後、こちらのカフェの担当をされています。

 

「多い日は一日に2~3回来て下さる方もおられます。顔を見に来たよ、とニコニコ笑って入って来られたりするのも嬉しいですね。年齢も近いのでお話もしやすいです。地域にお年寄りが集まれるオープンな場所があるのはすごく良い事だと思います。職業柄、お客様の仕草などの様子を観察して、視線が定まらなかったり、座り方や声のトーンでも体調が分かる事があります。そんな時はこちらからお声がけもしています。たまにお客様からも血圧やお薬、お食事などの健康の相談を受ける事があり、聞いてあげるだけで安心される場合もありますね」

 

 

 

カフェのスタッフとして看護師3名が2日ずつ担当していて、高齢者にはかなり安心な場所。しかもメニューは格安で、コーヒー100円、ケーキ屋や和菓子も100円で提供しています。

 

 

1杯のドリンクで時間制限もなく、おしゃべりして楽しく過ごしてお友達もできる「コミュニティカフェ」は高齢者にとって、病院の待合室に変わる最高の癒しスポットとなっている。

 

「カフェには一日に40人以上ものお客様が来てかなり賑わって驚いています」

こちらの会社では、今後はもっと幅広い年齢層の方々も気軽に集まれるように、体操教室や子供食堂などのコミュニティスペースも企画中とのこと。

 

 

株式会社パピルスのHP


取材:2017年3月 K.H

発行元:とよなか生涯現役サポートセンター “Sサポ”

TEL:06-6152-7662.