シニア内職の指導[シニアでも可能性は無限大] 170623

2017.06.23

株式会社新事業開発研究所

「シニアが集う 内職ひろば ・ 指導」
Sさん(60代)

 


 

毎日忙しくフルタイムで働いているSさんは、豊中を愛する根っからの豊中市民。「何でもいいのでとにかく豊中のためになる事をやりたい!」という思いで、今の職場に働き始めて約7年になるそうです。

 

「以前から豊中市民として、市を活性化する事に携わってみたいと考えていました。そんな時ちょうど、豊中市の広報誌『広報とよなか』に載っていた募集を見つけて、応募することにしました。仕事内容は、地域活性化のためにシニアを元気にするお仕事、とのことで、とても興味がわきましたし、私でもできるなら是非お役に立ちたいと思って就職しました」

Sさんが現在担当しているのは小口経理などの事務作業と、主にシニアが集まって内職を行う、「内職ひろば」で指導をする仕事。作業の指導をしながらも、自分よりも先輩の方々に教えられることも多々あるんだそう。

 

〇 「内職ひろば」の会員募集説明会・体験会の様子。奥にあるのは検品作業を行う工業用手袋


 

「内職の仕事は歩合制です。最初はちょっとしかできない人でも慣れてくるとすぐに倍くらいできるようになって、『今日はこんなにできたんですよ』って嬉しそうに言われると私まで嬉しくなりますね。腕が上がるとみんな元気になるんです。

シニアになってもまだまだ向上できる事があるんです。自分で決めている限界よりも、もっともっといろんなことが出来るのに、ご自身でそれに気付いていないので、それに気付かせてあげる事ができたら嬉しいです。

他のシニアの方々も家にこもったりせずに、どんどん外の場所に出て行ってもらいたいです。そうなったら、町や地域も元気が出て全体が活性化していくと思います。」

 

「今も輝くシニアの方々に、いつまでも輝き続けて欲しい。そのためのお手伝いをこれからも続けていけたら幸せです。特に未知の力を秘た『輝く女性』の底力を見せつける事ができる、何かいいきっかけがあれば、と考えています。もちろんこれから自分自身でも輝き続けて今よりもっと向上していけたらと思っています。」

 

株式会社新事業開発研究所のHP


取材:2017年3月 K.H.

発行元:とよなか生涯現役サポートセンター “Sサポ”

TEL:06-6152-7662